読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ複業!日記

IT企業サイボウズに勤めながら福祉業界で副業中の50代の日々を綴ります

複業の目的よ もう一度

本年もよろしくお願いします!

 

複業を始めるにあたり、

自分のやりたいことを言葉にしました。

インクルージョンな社会を創る」

です。

 

「インクルーシブ教育」がよく使われてます。

意味は、

「障害のある子どもを含むすべての子ども一人一人の

教育的ニーズにあった適切な教育的支援」

 

自分としては、

教育に限らず、

すべての人たち一人一人のニーズにあった社会

インクルージョンな社会と勝手に呼んでます。

 

現実の社会の仕組みは、健常者優先でできているので、

そこから外れる人たち(社会的弱者)が存在します。

障がい者や要介護者、要保護児童、生活困窮者などなど。

 

これらの人たちも、

それぞれのニーズに合わせて生きていけるような社会、

そのために働く組織が十分ある社会

自分の理想です。

 

人間が幸せに生きていける社会が

そこにあると思います。

 

複業、本業を通じて理想に向かいますので、

こんな松村に適した複業がありましたら、

ぜひともご紹介ください。

 

さて、前回のブログで記した

「離れててすぐに動けない」もやもやは、

問題解決メソッドを使って整理してみました。

複業だと届かないもの - めざせ複業!日記

 

まず、

複業先の問題に対応できず、やきもきしている問題

 と名付けました。

 

 次いで、理想な状態を

問題発生時に、その優先度に応じて、松村が必要なかかわりができている状態

としました。

 

そのためには、

 ・松村が問題の優先度を整理・提案する

 ・優先度と合わせて、複業先が情報をサイボウズLiveで共有してもらう

という課題を設定しました。

*上記はダイジェストです(本当は、もっと詳細に記載)

 

課題の実行結果については、別の機会にご報告いたします

 

<おまけ>

NVCってご存知ですか?

 Non-violent Communicationの略です。

  この本を妻に勧められて読んだらびっくり!

 正直、コミュニケーションが苦手な自分です。

 これまで、人の気持ちを理解することをあきらめてましたが、

 これを読んだら、

 もう一度、

 人とかかわるコミュニケーションにチャレンジしてみようかな

 と思った一冊です。

 今、2回目を熟読中です。

f:id:KMatsumura:20170105230116j:plain