めざせ複業!日記

サイボウズに勤めながら福祉業界で副業中の50代の日々を綴ります

本業と複業/副業のはざまで生きる

新年早々、訳の分からないタイトルですみません(笑)

 

年末に改めて、自分にとっての複業について考えました。

副業ならぬ複業です。

 

自分がこの10年で一番やりたいことは、

「チームワークあふれる福祉業界をつくる」こと

福祉関係者になじみのある表現

「共生社会を実現する」ことと同じに捉えてます

 

本業のサイボウズの企業理念は「チームワークあふれる社会を創る」

そのために、社長室クラウドソーシャルデザイナーとして

サイボウズクラウドービス(主にキントーン)や

サイボウズ流のチームワークメソッドを使った

社会問題の解決事例を、

問題を解決したい人達と一緒に作り、広めてます。

 

一方、複業では、

福祉業界(障がい者、幼児保育、高齢者、生活困窮者などなど)で

活動している法人への経営&ITアドバイザーとしてかかわっています。

 

もちろんアドバイザーに入っている法人の問題を解決しながら、

松村としての複業の目的は、

・福祉現場の問題を知ること

・問題解決手法を実践し体得すること

・福祉に関わるキーマン(行政や業界の先駆者)とつながること

だったりします。

 

このような状態なので、

本業と複業の線引きが結構難しかったりします。

 

先日、

保育業界の人材育成などされている松原さんから

彼女の「うめチャンネル」にでないか?

保育業界に必要な「風土」について話をしてほしいという

というお話をいただきました。

 

「風土」は、サイボウズ流のチームワークメソッドでも

「風土」「制度」「ツール」の一つとして重要キーワードです。

 

日程調整ができたのは、

ちょうど、本業で振替休日を取得している日

つまり本業では休みの日。

場所は、サイボウズの会議室。時間は、サイボウズの就業時間後。

話す内容はサイボウズで考える「風土」について。

特にお金のやりとりはありません。

 

話した内容はこちらをご覧ください

umehanarelations.com

1時間と長いですので、

気分転換にでもチョコチョコ見てください。

 

サイボウズで考える風土について話しつつ、

複業の宣伝もちょこちょこ挟ませてもらいました。

 

こうなると

もう、本業なのか複業なのか、訳わかりません

 

~おまけ

平成最後の今年で年賀状は止めることにしました。

 

メリットに比べコストがどうも気になってしまって

 

コストはこんな感じ

・11月後半「年賀状の枚数を見積もり、パートナーに申告」

・「年賀状を作らないと」というパートナーからのプレッシャーに耐える

・プリンター用インクカートリッジ購入(純正は高すぎ)

・年賀状をパートナーが買ってくる(ネットではない)

・年賀状ソフト(年1回なので、UIに不慣れ)で、四苦八苦して宛先印刷

・見かねた子供が作ってくれた裏面を印刷

・一言コメント(書くことがないと「今年こそ会いましょう!」)

・全国の郵便局員さんが年賀状を配達

・1年前の年賀状を破く(個人情報が心配)

・役所の人が廃棄年賀状をごみ収集し、焼却

 

またネットに比べて不便さも気になり。

何年間も保存ができない、検索が大変、

はがきがぶ厚くて指にやさしくない

 

ということで、

今まで以上にSNSとリアルなコミュニケーションを

大事にしていきますので、

本年もよろしくお願いいたします

複業先を絶賛募集中です!