読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせ複業!日記

IT企業サイボウズに勤めながら福祉業界で副業中の50代の日々を綴ります

先生にならない???

前回の記事を見て、「松村大丈夫か?」

ご心配のコメントをいただきました。

本当にありがとうございます!!

大丈夫です!

心体回復スキル並びに自分勝手さは自信ありです。

 

今回は、

「複業に小学校の先生はどうでしょう」

とお勧めいただいたお話です。

 

IT化の効果の一つに、透明性向上がありますが、

介護や福祉、保育など、遅れ気味の業界がいくつかあって、

教育業界もその一つだと思います。

 

教育業界のIT化を、かねてより相談していた方より

「どうせ複業するなら、一回現場に入ってみると体感できるよ

丁度、非常勤の先生を探してる人がいるから紹介してあげる」

連絡いただきました。

 

ありがたいです!

が、これは、プロボノに続き、全く予期せぬご提案。

教育者は考えてなかったなぁ。

 

自分は、体験型の人間なので、

何事も現場に身を投じないと、理解できない性格です。

あっ、想像力欠如型ともいいますね(笑)

 

自分の枠を広げようと思っていたので、

受けてみたい、

と返答したところ、

教員免許を持っていないのでNGとのこと。

残念!

 

職業に必須の資格は、強いですね。

 

複業開始宣言直後、

中小企業診断士など、資格取得も考えたんですが、

教員免許と違って、職に必須ではないことと

時間がもったいないので、止めました。

 

コンサルのように、

多様なサービスレベルが成立する分野に、資格は

向かない気がします。負け惜しみですね。。。。

 

つづく ~本業と複業の違い

 

資格に関しては、

取得後にサービス水準を維持するための

仕組みが気になるところですが、

教員免許は、その辺、どうなんでしょう。

 

また、プログラミング教育が導入されるそうですが、

新しい教科なら、

思い切って、教材をネット配信し、

個人個人の能力に合わせた内容を学べるようにして、

生身の先生はメンターに徹する形にしても

よいかなあ、と思います。

先生も一緒に学ぶ感じで。

内容もどんどん改善できるし、

質問もネットで対応できるので。